客層を選んで集客率をアップ!ポスティングの効果とは

誰もが目にしたことのあるポスティングのチラシ

チラシなどを個人のお家のポストに入れるビラ配りのことをポスティングと呼びますが、自分の家のポストにも入っていた、という経験を持っている方は多いですよね。宣伝のチラシは、飲食店のメニューなどは利用する時に便利なものなので捨てずに置いておくなど、興味のある事柄のチラシであれば人は目を通し、記憶にも残ります。では、どのようにポスティングをすれば宣伝効果に繋がるのでしょうか。

配布エリアの情報を調べて選ぶ

ポスティングは、無差別にポストに投函をしても効果が得られない場合があり、配布するエリアを吟味することは重要です。例えば若い家族が多い地域と高齢者の多い地域、高層マンションとワンルームマンションでは同じチラシでも興味を持つ確率に差が出てしまいます。そのことを踏まえてエリアに合ったチラシをポスティングすると、集客率のアップに繋がります。

伝わる宣伝の仕方とは?

宣伝効果の高いチラシはいたってシンプルなものが多く、伝えたいことを簡潔に述べています。また、飲食店のチラシなどではクーポンを付けるなどのサービスを行うことによって、効果をさらにアップさせている場合もあります。その他、配布の仕方も重要で、チラシでいっぱいのポストや「投函禁止」のポストには配布をしない、チラシをきちんと折りたたんで配布をする、ポストに挟むようにチラシを入れるのではなく全部入れる、などの配慮が大切です。マナー違反はいくら質の良い宣伝でも逆効果になりますので注意が必要です。また、配布期間を週末に設けると目を通してくれる確率も上がります。

チラシやDMなどを消費者に直接届ける有効な手段がポスティング。国内では江戸時代に始まったとされる情報伝達法で、ネットが普及した現代でも幅広く活用されています。エリアやターゲット層を選んで配布できます。