見られ易いからこそ必要!学校の教室におけるプライバシー保護の工夫とは?

見られたくない本ならそれ以上のサイズのノートで隠す

自宅でじっくり読みたい本があっても、バイトで忙しかったり家庭の事情で1人で読む十分な時間が作れないとなると、どうしても学校の教室で休み時間に読まざるを得なくなりますよね。それも他のクラスメートに内容を見られたくないとなれば、それを実行するハードルは一気に高くなるでしょう。比較的簡単な対策として、その本よりも大きいサイズのノートや別の本をカバー代わりに用い、その本全体を隠してしまうという手があります。その本自体にカバーを掛ければ済む話でもあるのですが、その本そのものの存在を隠す為にはこれが一番なのです。

規則が許せばヘッドホンやイヤホンで雑音を防ぐ

自習や食事、休み時間のプライベートに集中したい場合、周囲で談笑したり遊びに興じる他のクラスメートの物音や声はどうしても気になりますよね。視覚的に鬱陶しさを感じないというのであれば、残りは雑音や騒音のシャットアウトだけが目標となるのですが、それなら高性能のヘッドホンやイヤホンで耳を塞ぎ、適当な音楽を流すのがベストでしょう。当然校則でこれらの持込みが禁じられている学校もあるでしょう。それなら簡易式の耳栓で耳をしっかり塞ぐという方法もかなりの効果があります。

安らぎだけを求めるなら昼寝で自分の世界に入る手も

休み時間に特別何もする事が無く、また周囲からの干渉をも一切シャットアウトしたい時、最も効果的なのはさっさと机の上に突っ伏して昼寝モードに入ってしまう事。昼寝の仕草を取ってしまえば周囲のクラスメートもあえて起こすのに悪気を感じ、授業開始までそっとしておくものなのです。また昼寝で一旦自分の世界に入ってしまえば意外と周囲の騒音も気にならなくなるものです。もちろん騒音が気になる人なら前述の耳栓を装着して補助するやり方もありでしょう。

機密文書とは、人に知られたくない大事なことが記載された書類のことです。鍵のかかる所に保管し、丁重に扱う必要があります。