青色申告のメリットと確定申告をするための予備知識

まず青色申告承認申請書の提出を

確定申告で青色申告を選ぶ場合には、住所地にある管轄の税務署に青色申告承認申請書を提出しなくてはいけません。原則として、該当する年度の3月15日までに提出します。白色申告から変更する場合も、忘れないように注意しましょう。ただし、1月16日以降に事業を開始した場合は、開始日から2ヶ月以内が提出期限となるので、注意してください。

青色申告の特別控除額の違い

白色申告にはありませんが、青色申告には特別控除があり、帳簿の付け方によって控除額に違いが出ることがあります。簡易簿記の場合は控除額が10万円となり、申告書とともに提出する書類も損益決算書だけとなります。事業を始めて年数が浅く、帳簿付けの経験がなくて独力での経理事務が難しい場合は、こちらを選ぶといいでしょう。帳簿付けが苦にならなくなってきたら、複式簿記にするのがおすすめです。控除額が65万円になるのは大きなメリットですし、事業のお金の流れが分かりやすくなります。決算書は損益計算書に加えて貸借対照表も必要になります。

その他の青色申告のメリット

青色申告には、様々なメリットがあります。前年以前の赤字を、翌年以降の3年間所得から控除できますので、次年度に利益が出た場合も税額が少なくなることもありますし、次年度も赤字の場合は、税金が還付されることもあります。売掛金の残高がある場合は、一定額を貸倒引当金という勘定科目を使って経費に算入できますし、税務署に届け出をすることで、仕事に従事している家族の給料の全額分を、青色専従者給与として経費に計上できることができます。

青色申告は、確定申告で所得金額の計算をするとき、複式簿記という方法で記帳することを条件に、欠損を繰り越せるなどの特典がある申告方法です。