研修よりも自己啓発!?新入社員以外に対しては少なくなる社員研修

折角研修しても辞める人は発生します日本の高度成長期には終身雇用制が企業には定着していて、入社した社員は定年まで働き続けることが一般的だったのです。そのため入社した社員に対しては定期的に研修をおこない、社員の能力アップのために企業も躍起になっていたのです。その終身雇用制が崩壊して、実力主義になってからは、企業が社員に対して研修を実施して成長を促すことをおこなう企業が少なくなったのです。転職が当たり前…